前世の記憶 | 自分の前世を疑似体験する!ヒプノセラピー

 

前世の記憶を持つ女性

 

少し大げさですが、人は寝て起きると昨日はもう前世なのです。朝起きると、生まれ変わった違う自分、新しい自分なのです。

ここで、前世って本当にあるんですか? と疑問を持たれる方もいるかと思いますが「前世の記憶はないけど、前世はある」というパラダイムでお伝えしていきます。

以前、私は「前世の記憶を持つ女性」にお会いした事があります。

その女性は、生まれる前から(魂レベル)で自分の生まれる家、両親を探していたそうです。そして「ここ!!」って決めて生まれて来たそうです。

また結婚した際、嫁ぎ先の家の屋根の色や周りの景色も前世の記憶と同じで「どこか懐かしい感じがする。自分はここの家に住むんだと前世の時点で決めていた。」と前世の記憶を話してくれました。

この体験話を聞き私達は、前世の記憶がないだけで、実際、前世というものがあるんだと実感しました。

 

前世を疑似体験する前世療法

 

ヒプノセラピーの一つに前世療法というものがあります。

「療法」と聞くと、ちょっと抵抗があるかもしれませんが、日本語訳にしたらこうなった、というものなので誰でも気軽に体験できるセラピーです。

前世療法は、自分の過去のそのまた過去、自分の魂の記憶をたどり、自分の前世を疑似体験できるセラピーです。

前世療法は、自分の前世レベルにさかのぼり、執着している余計な感情や執着心を手放し、心を軽くポジティブ・メンタルを作っていく事が目的のセラピーです。

いつも「あーでもない、こうでもない」と考えていることを、前世までさかのぼり解決に結びつけようというものです。

自分の心を深く(眠ってしまう一歩前の状態)までリラックスさせ、自分の前世の記憶を引き出していきます。

ここで知って頂きたい事は、セラピストがあなたの前世は〇〇で、昔〇〇に住んでいました。と余計なフィルターをかけるのではなく「前世の記憶、イメージを引き出す」のは自分という事です。

よく「あなたの前世が見える」とか「あなたの前世は〇〇です」とか、あたかも人の前世が見えた!!と話をするのはちょっと違う感じがします。

本当に人の前世って見えるんでしょうか? 話題にはなりますが、違うと思います。

 

私の前世療法の疑似体験

 

私が疑似体験した前世の人物は、その時、その時で変わります。女だったり男だったり住んでいる場面も国も違います。

しかし、何回か体験すると、必ず出てくる人物がいます。

それは、中東の保守的なイスラム社会の中で、黒い二カーブをかぶり窮屈に生活をする25歳位の女性です。

薄暗い洞窟に住み、ろうそくの明かりで生活をしていました。いつもこの窮屈な生活から、自由な外の世界へ逃げたいと思っているのです。

そして、その窮屈な洞窟には、女性を支配する男性が住んでいて、私がそこから抜け出すのをいつも監視しているのです。

私は、いつかここから抜け出したい、自由になりたいと思うのですが、なかなか抜け出す事が出来ないのです。

ある日、私はやっとの思いで抜け出す事が出来たのです。広い砂漠をはしって逃げたのです。

砂漠の山の上から自分が住んでいた街を見下ろし「やっとこれで自由になったんだ!! 」と泣き崩れたのでした。

しかし、この洞窟は逃げようと思えば、いつでも逃げれるようになっていたらしく

誰も追いかけてくることはなく、自分が勝手に「逃げる事はできない! 」そう思いこんでいただけと後で気付くのです。

この時の前世療法で、私は「いつも自由を追い求めている根源はどこから来るものなのか? その根源となる前世を体験したい! 」と思って体験しました。

そして、この前世療法の疑似体験から「恐れずに自分を信じる事」という学びを得る事が出来ました。

前世療法は、自分の問題の原因探しをすることが目的ではなく、その体験したイメージから「何を得て何を学ぶ」かという事が重要になります。

この学びを潜在意識に保存し、過去の潜在意識をアップデートしていくのです。

[ 前世の記憶 | 自分の前世を疑似体験する!ヒプノセラピー ]ヒプノセラピー,前世の記憶疑似体験2018/07/03 12:26